神話
Google
がんばれ宮崎

みやざきWEBチャンネル TOP 神話日本書紀 神々の詩

J17・・・夢のお告げ・・・
その夜、神武は、神に祈って眠りにつきました。
すると、夢に、天つ神が現われ、神武に教えました。
「天の香具山の土を取ってきて、瓦や瓶を作り、
天神地祇(てんしんちぎ)を祀りなさい。」
翌朝、神武が何も言わないのに、オトウカシが、
夢と同じことを申し出ました。
それを聞いた神武は、喜んで、
シイネツヒコに、貧しい老人の姿をさせ、
オトウカシに、貧しい老婆の姿をさせ、
香具山の土を取ってくるよう、命じました。

J18・・・天香山への潜入行・・・
二人が出かけると、早速、道に敵兵が満ち溢れていましたが、
「なんと、汚い老夫婦だ」と笑って通してくれました。
二人は無事に土を取ってきました。

J19・・・天神地祇への祀り
神武は、大変喜んで、早速、瓦や瓶を作り、
丹生(にう)の川上で、天神地祇(てんしんちぎ)を祀りました。
また、宇陀川の朝原で、占いをし、成功させました。

解説・・・
この辺りは、日本書紀だけです。相当、長々と書いています。
丹生(にう)の川上は、
奈良県吉野郡小川の丹生川上神社中社の付近です。
宇陀川の朝原は、
宇陀郡榛原(はいばら)町大字雨師字朝原の丹生神社の付近です。

J20・・・八十梟帥(ヤソタケル)との戦い
冬10月1日になりました。
いよいよ、神武は出陣しました。
まず、国見丘で、八十梟帥(ヤソタケル)を、切り殺しました。
しかし、残党が多くいたので、
忍坂(おさか)邑(むら)に、大室を作り、そこで敵を誘って、
大酒宴を開き、酔ったところで、皆殺しにしました。

解説・・・
忍坂(おさか)は、桜井市忍坂(おさか)です。
この辺りは、日本書紀も、古事記と、
大局的には、同じですが、ストーリー展開が、やや違います。