神話
Google
がんばれ宮崎

みやざきWEBチャンネル TOP 神話日本書紀 神々の詩

フツヌシの派遣・・・
 142   話は 次に     移ります
      タカミムスヒは     腹を立て
      八十諸神(やそもろかみ) に     問いかける
      「今度は誰を     遣(つか)わすか」
 143   八十諸神(やそもろかみ)が     答えます
      「経津主神(フツヌシノカミ)が     良いでしょう
      彼の父は     磐筒男(イワツツノヲ)
      彼の祖父は     磐裂(イワサク) です」
 144   この時 一人     進み出る
      武甕槌(タケミカヅチ) が     進み出る
      「フツヌシだけが     豪傑(ごうけつ)で
      私は豪傑(ごうけつ)で     ないですか」
 145   タケミカヅチの     父親は
      熯速日神(ヒノハヤヒノカミ)     と申します
      祖父は甕速日(ミカハヤヒ)     曽祖父は
      稜威雄走(イツノ オハシリ)     豪傑です
 146   この申し出を     良しとして
      フツヌシに副(そ)えて     派遣する
      中つ国(なかつくに) を     平らぐため
      二人の勇者を     派遣する
 147   いよいよ二人は     出雲にある
      五十田狭(いたさ)の小浜に     天下る
      剣を 逆さに     地に刺して
      その剣先に     胡座(あぐら) 組む
 148   オオアナムチを     呼び出して
      声を荒げて     問いただす
      「我らの主(あるじ)     タカミムスヒ
      皇孫(すめみま)に この地     与えたい
 149   それで 我らを     遣わした
      平定するため     遣わした
      お前の気持は     どうなのか
      譲(ゆず)る気 あるか     返事せよ」

解説・・・
日本書紀では、フツヌシが主人公ですが、
古事記では、タケミカヅチが主人公です。
また日本書紀では、五十田狭(いたさ)の小浜ですが、
古事記では、伊耶佐(いざさ)の小浜です。
そして、出雲大社の近くの稲佐(いなさ)の浜が、
この浜だと言われています。


コトシロヌシの返答・・・
 150   無理 難題 とは     感じつつ
      オオアナムチは     答えます
      「我が子に聞いて     その後に
      しかと 返事を     いたしましょう」
 151   その時 子供の     事代主(コトシロヌシ)
      三穂(みほ)の岬で     魚釣り
      それで稲背脛(イナセハギ)     船に乗り
      返事を聞くため     出かけます
 152   コトシロヌシは     答えます
      「天つ神(あまつかみ) の     ご命令を
      父は 素直に     受けるべき
      私も抵抗     いたしません」
 153   答えて 直ぐに     海の中に
      八重 柴垣を     拵(こしら)えて
      船床 蹴って     消え去りぬ
      使いは委細(いさい)を     報告す

解説・・・
基本的には、日本書紀も、古事記と、ほぼ同じストーリーです。
但し、古事記は、この後に、タケミナカタの抵抗の話を追加しています。


国譲り・・・
 154   オオアナムチは     それを聞き
      二人に対して     答えます
      「頼りの我が子は     消え去りぬ
      私も 同様     消えましょう
 155   私が抵抗     したならば
      諸神(もろかみ) 共に     戦うが
      私が抵抗     しなければ
      誰も抵抗     いたしません」
 156   そして この国     平らげた
      時に使った     広矛(ひろほこ)を
      恭順(きょうじゅん)の意の     印にと
      二人に献上(けんじょう)     いたします
 157   「私は かって     この矛(ほこ)で
      この国の統治     成し遂げた
      天孫もまた     この矛(ほこ)を
      使えば統治     できましょう
 158   これで私は     永久(とこしえ)に
      あの世の国に     参ります」
      オオアナムチは     言い終えて
      遂に 自ら     隠れます
 159   二人の神は     この後で
      抵抗する神     打ち砕き
      中つ国(なかつくに) を     平定し
      天に上って     報告す
解説・・・
基本的には、日本書紀も、古事記と、ほぼ同じストーリーです。
但し、古事記は、この後に、出雲大社ができた理由の話を追加しています。

ここまでで、出雲神話は終りです。
古事記に比べると、実に、あっさりしています。