神話
Google
がんばれ宮崎

みやざきWEBチャンネル TOP 神話日本書紀 神々の詩

海神(わたつみ)の宮・・・
 188   立派な垣根が     取り囲み
      輝く 御殿の     宮でした
      門の前には     井戸があり
      井戸の上には     桂の木
 189   ヒコホホデミは     木の下を
      ヨロヨロ歩き     回ります
      しばらくすると     門の戸を
      開いて乙女が     出てきました
 190   乙女は井戸に     やってきて
      器に水を     汲む時に
      ふと ホホデミに     気がついて
      驚き すぐに     宮に戻る
 191   乙女は 声を     弾(はず)ませて
      その父母に     話します
      「珍しい客     お出でです
      門の木の下に     おられます」

解説・・・
古事記では、桂の木の上に、最初、侍女が発見しますが、
上記のように、日本書紀では、木の下で、最初、トヨタマ姫が発見します。


釣針発見・・・
 192   海神(わたつみ) すぐに     客人を
      恭(うやうや)しくも     迎え入れ
      八重の 畳(たたみ) に     坐らせて
      訪問の 趣旨     お聞きする
 193   ヒコホホデミは     来た訳を
      こと 細やかに     話します
      話を聞いた     海神(わたつみ) は
      大小の魚     集めます
 194   海神(わたつみ)の問いに     魚たち
      声を揃えて     答えます
      「赤鯛(あかたい)  この頃     口の中
      病気のために     来られません」
 195   それで 赤鯛(あかたい)     連れて来て
      口の中をば     探ります
      思った通り     その中に
      無くした釣針     見つけます

解説・・・
古事記では、三年経ってから、釣り針発見となりますが、
上記のように、日本書紀では、最初に、釣り針発見となります。


三年滞在・・・
 196   ヒコホホデミは     安心し
      会った乙女と     結婚す
      乙女の名前は     豊玉姫(トヨタマヒメ)
      そして 宮で     暮らします
 197   楽しい時を     過ごすうち
      あっという間に     三年目
      ふと思い出す     故郷(ふるさと) を
      そして溜め息     つかれます