よだきんぼのダレヤミ
Google
がんばれ宮崎

みやざきWEBチャンネル TOP よだきんぼのダレヤミよだきんぼのダレヤミ

 ブログというのは一度怠け出すと中々億劫になります。
これは私だけのよくない性格でしょうが。...どうしてもそうなる。

フランスでの国際貝紫会議に行ったのも5週間前だし、
(この時から怠けが始まった)
null  null

我が家の小梅ちぎりも3週間前に終わったし、
(綾ツアーが今回ないので処理するのに困ったくらい実った、
 藍祭りで来客に販売して、全額地震援助に寄付しましたヨ)
null


そうこうしている間に養蚕の時期に突入・・・・・。
その写真も掃き立て(卵から孵化する時)から記録を残そうと
思いながら、シャッターチャンスを逃して、今日はもう4齢に。
こらから旺盛な食欲で桑を食べ、一週間後にはまた脱皮して5齢になります。
今はまだ小さいが繭を掛ける寸前にはこの 10倍にも大きくなるのです。

null

null

今期当工房で養っているこの蚕は「蚕技研11号」という
国が開発した品種、小石丸蚕のように藍染めに適しているかの実験種です。
夏にはまた小石丸を養います。
次回は繭を掛け始めた様子を逃さず撮します。


  1. 寅 さんのコメント:

    お久し振りです。(笑)
    お忙しいのですからご無理をなさらずに・・・とは言いながら常にお待ち致しておりました。(ハイ)

    梅の収益は「地震援助」ですか???
    工房も『新燃岳』で大きなダメージを受けられた筈なのにですか?

    綾ツアーの中止にもめげずご推薦頂いた農園様からはマンゴーが到着・・・堪能させて頂きました。
    何とか来年は1年遅れにはなりましたが第10回の記念ツァーを催したいと思っております。

    蚕さんの桑を食べるあの音が懐かしいです。

  2. akimasa さんのコメント:

    寅 さんへ

     ホントにご無沙汰していました。
    早速コメントありがとうございます。

    中橋農園からマンゴーもう届いたのですね。
    近くにいながらまだ試食もしていません。(^^;)
    梅の収益ではなく、梅の売上げ全てです。(どうです、ヘヘへ)
    蚕でこれからの2週間大忙しです。

  3. marcha さんのコメント:

    更新を待ち構えておりました^^;

    一番上の画像は染色された糸が空気に触れて、なぜ黄色から貝紫色に変わるか解明の化学式なんですね〜? 見てもわかりませんが^^;;
    色が変わっていくプロセスはマジックみたいに綺麗です。

    降灰にもめげず、桑の葉も順調に育っているみたいで よかったです。
    でもこれから雑草との格闘の季節到来!ですね。
    どうぞ、腰にお気をつけて。。^^/~

  4. akimasa さんのコメント:

    marcha さんへ

     有り難うございます。
    そうです、ブロムインディゴが酸化する過程の化学式です。
    さすが!! (^_^)v

    お陰様でこの時期から風向きが変わるので、灰は西の方にいって助かります。
    蚕の食欲との戦いです。毎日2回桑刈りです。